浮気調査

失敗しない探偵の選び方とは?全16項目のチェックリスト付きで徹底解説!

悩む女性

「パートナーが浮気をしているかも…」と思っていても、自分ひとりで決定的な証拠を掴むことはなかなか難しいものです。
特に慰謝料請求や離婚請求がしたい人の場合、不貞行為(肉体関係)がある証拠がないと有利に交渉を進めることができないため、個人でそのような証拠を入手することは簡単ではありません。

そこで思いつくのが、探偵への浮気調査の依頼です。
ただ、探偵というのは私たちに身近な存在ではないので、どうやって探偵選びをしたらいいか悩んでいる人も多いはずです。
知識不足のままネットで検索して探偵選びをしてしまうと、調査に失敗してしまうだけでなく、悪質な業者に騙されてしまう可能性もあります。
(実際に国民生活センターには年間1,000件以上の探偵事務所とのトラブルの相談があるくらいです。)

そこで今回は浮気110番が独自に取材した結果をもとに、失敗しない探偵事務所の選び方について徹底解説していきます。
チェックリスト付きで紹介していますので、時間のない方はチェック項目だけでも確認してみてください。

探偵事務所を探すときに気をつけるポイント

虫眼鏡

探偵事務所を探すとなると、ほとんどの人がインターネット検索をすると思います。
ですが、ちょっと検索しただけでも何件もの探偵事務所が表示されるので、どうやって絞り込んだらいいか分からないという人も多いはずです。

そこでここでは、インターネットで探偵事務所を探すときに気をつけるポイントを7つ紹介します。

  • ホームページに探偵業届出番号が記載されているか?
  • 誇大広告を謳っていないか?
  • 行政処分を受けていないか?
  • 店舗や事務所は実在しているか?
  • 自宅からの距離は適切か?
  • 面談は無料でしてくれるか?
  • 料金体系が分かりやすく説明されているか?

それでは1つずつ詳しく解説していきます。

ホームページに探偵業届出番号が記載されているか?

探偵業を営むには、探偵業法という法律により、管轄する警察署(公安委員会)に届出をしなければなりません。
届出をすると公安委員会から探偵業届出証明書が交付され、各探偵事務所ごとに「探偵業届出番号」という数字が割り当てられます。

つまり、探偵業届出番号を持っているということは正規に探偵業を営んでいる証ですので、ほとんどの探偵事務所のホームページ上に掲載されています。
もしも掲載されていない場合は、無届出で探偵業を営んでいる可能性があるので注意しましょう。

誇大広告を謳っていないか?

「100%成功」や「激安」などの誇大広告を謳っている探偵事務所にも注意が必要です。
浮気調査は人のする仕事なので「100%成功」はありえませんし、調査料金には人件費や経費などが含まれるため「激安」で調査を行うことはできません。

悪質な業者の中には、このような誇大広告で集客し、あれこれ理由をつけて高額な料金を請求してくることがあります。
パートナーに浮気をされた状況だと冷静な判断がしづらいかもしれませんが、このような誇大広告には騙されないようにしましょう。

行政処分を受けていないか?

探偵は他人のプライバシーを侵害するおそれのある職業ですので、必ず法律を遵守しなければなりません。
探偵業法などに違反すると行政処分が下されますので、そのような業者に依頼しないことを強くおすすめします。

警察庁のサイト(以下URL)で過去3年間に行政処分を受けた業者が掲載されていますので、必ず確認するようにしてください。

https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/tetsuzuki/tantei/shobun/index.html

店舗や事務所は実在しているか?

探偵業者の中には、店舗や事務所を持たずに個人で営業しているところもあります。
個人が悪いというわけではありませんが、浮気調査は組織で行うものですので、やはり事務所を構えて複数の従業員のいる探偵事務所に依頼した方が安心感はあります。

また、すぐに雲隠れできるように、あえて事務所を構えていない悪質な業者もいるようですので注意しましょう。

自宅からの距離は適切か?

探偵事務所が自宅からどれくらいの距離にあるのかも重要なポイントです。
あまりにも場所が近すぎると、近所の人やパートナーに店舗に出入りするところを見られてしまう危険性があります。
逆に遠すぎてしまうと、面談のときなどにわざわざ遠くまで行かなければなりません。

絶対条件ではありませんが、できれば近くもなく遠くもない探偵事務所を選ぶようにする方が無難です。

面談は無料でしてくれるか?

最近では多くの探偵事務所が無料相談を実施していますが、一部の探偵事務所は相談が有料な場合があります。
後ほど詳しく解説しますが、探偵選びの際には複数の業者に面談をしておく必要がありますので、有料面談の場合には余計な出費となってしまいます。

事前にホームページや広告などで無料相談を実施しているか確認しておきましょう。

料金体系が分かりやすく説明されているか?

浮気調査の料金相場は20~80万円といわれていますが、依頼内容や条件などによって金額は大きく異なります。
そのため、実際に依頼者から詳細情報を聞かないと、具体的な見積金額を提示することはできません。

とはいえ、各探偵事務所で基準となる価格は必ず存在しますので、通常であればホームページ上に料金体系が掲載されています。
もし詳しい料金情報が載っていないようであれば、料金を曖昧にしてぼったくろうとしていると思われても仕方ありません。

ですので、できればホームページなどに料金体系が記載されている探偵事務所を選ぶようにしましょう。

面談のときに気をつけるポイント

POINTマーカー

ある程度、探偵事務所を絞り込めたら、次は探偵事務所の担当者との面談となります。
面談時に気をつけておきたいチェックポイントは以下の7つです。

  • 事務所に探偵業届出証明書が掲示されているか?
  • 料金や調査内容についての説明は丁寧か?
  • 調査報告書のサンプルを見せてもらえるか?
  • 質問に対して明確な答えが返ってくるか?
  • 注意事項やデメリットの説明を隠さずにしてくれるか?
  • とにかく契約を迫ってこないか?
  • 担当者とフィーリングが合うか?

それでは、順を追って解説していきます。

事務所に探偵業届出証明書が掲示されているか?

先ほどもお伝えしましたが、探偵業を営むには探偵業法という法律により、管轄する警察署(公安委員会)に届出をしなければなりません。
届出をすると公安委員会から探偵業届出証明書が交付されますので、証明書を持っているということは正規に探偵業を営んでいる証です。

探偵業法により、事務所の見やすい場所に探偵業届出証明書を掲示することが義務付けられているので、面談のときなどに掲示されているか必ず確認してください。
もしも掲示されていない場合は、無届出で探偵業を営んでいる可能性があるので注意しましょう。
(見当たらない場合は見落としてしまっている可能性もあるので、面談担当者に聞いてみるといいと思います。)

料金や調査内容についての説明は丁寧か?

探偵に浮気調査を依頼する場合に一番気になるのが料金や調査内容だと思います。
浮気調査を依頼する場合にどんな調査が必要なのか、それに伴う料金について丁寧に説明してくれているかどうかに注目しておきましょう。

浮気調査の主な料金体系は「時間型プラン」「パック型プラン」「成功報酬型」の3つのプランがあります。
どのプランにもメリット・デメリットがあるため、依頼内容や条件によってどの料金体系を選んだ方がいいのか理由も詳しく説明してくれる探偵事務所を選ぶようにしましょう。

浮気調査の料金について詳しく知りたい人は、コチラで詳しく解説していますので、合わせて御覧ください。

電卓を持つ女性
探偵の浮気調査の料金相場はいくら?料金設定の裏側を分かりやすく解説!(具体例あり) 探偵に浮気調査の依頼をしたいと考えていても、料金のことが気になってなかなか一歩が踏み出せないという人も多いかと思います。浮気調査を依頼...

調査報告書のサンプルを見せてもらえるか?

浮気調査が完了すると調査報告書という冊子をもらうことができます。
特に慰謝料請求や離婚請求をしたいのであれば、この調査報告書が浮気の証拠となるので、裁判にも使える内容かどうかを確認しておく必要があります。

・パートナーと浮気相手の顔がしっかり写っているか
・ホテルや自宅に出入りする画像が押さえられているか
・浮気相手の自宅が特定されているか
など

探偵事務所によっては調査の内容のレベルが低かったり、ろくな調査をせずに高額な調査費用を請求する悪徳な探偵事務所もあります。
高い調査力のある探偵事務所なのかを判断するためにも、調査報告書のサンプルは必ず見せてもらうようにしましょう。

質問に対して明確な答えが返ってくるか?

こちらからの質問に対して明確な答えが返ってくるのかどうかというのも、とても重要なチェックポイントです。
曖昧な返答をされたり、違う話へすり替えられるなど、しっかりとした説明がされない場合は何かを隠そうとしているかもしれません。

しっかりとした探偵事務所であれば、依頼者の疑問や不安な気持ちに対して丁寧に返答してくれるものです。
契約後に面倒なトラブルにならないよう、誠実な受け答えをしない探偵事務所は依頼しないようにしましょう。

注意事項やデメリットの説明を隠さずにしてくれるか?

探偵事務所が良い部分しか説明してこない場合には注意が必要です。
多くの依頼者は初めて浮気調査をする人ばかりですので、デメリットやリスクについて理解できていない人がほとんどです。

ですので、本当に良い探偵事務所というのは、初めての依頼者にも分かるようにメリットだけでなくデメリットやリスクについてもしっかり教えてくれます
後々になって「思っていたのと違った」と分かっても、契約してしまった後だとどうしようもできません。

悪い部分も隠さずに説明をしてくれているかというところにも注目しながら話を聞くようにしましょう。

とにかく契約を迫ってこないか?

悪質な業者の中には、調査や料金についての説明もそこそこに契約を迫ってくる場合があります。
他社と比べられるのを防ぐために、契約までの期限を極端に短く設定したり、さらにひどい場合はその場ですぐに契約をするように言ってくる業者もいるようです。

また、「浮気相手との関係が腐れ縁になって取り返しのつかない事になりますよ。」「お子さんの将来も台無しになるかもしれません。」などと不安をあおるような話をして契約を迫ってくるケースもありますので注意しましょう。

面談をしたからといって、必ず契約する必要はありません。
面談中は気持ちがどんどん高揚してしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。
いったん家に帰って、しっかり他社と比較したうえで契約するか決めるようにしてください。

担当者とのフィーリングは合うか?

浮気調査は担当者と協力しながら進めていくことになります。
そのため、担当者とのフィーリングが合うかどうかも重要なポイントとなります。
「話しやすい」「言いたいことがスムーズに伝わる」など、お互いのコミュニケーションが良好だと感じるようであればフィーリングが合っていると思われます。
逆に、言いたいことが伝わりにくかったり、思っていた答えが返ってこないという場合だと、信頼関係がしっかり築けないまま調査をすることになります

あまりにも意志疎通がうまくいかないようであれば、候補から除外するか優先順位を下げるなどした方がいいかもしれません。

【追記】探偵選びで失敗しないためのコツ

ポイントを指す女性

ここまで探偵事務所の選び方について解説してきましたが、さらに探偵選びに失敗しないコツについても紹介しておきます。
どうしても良い探偵事務所が見つからないという人は、ぜひコチラも参考にしてみてください。

  • 複数の事務所に見積もりをとる
  • 大手の事務所を選ぶ

複数の探偵事務所に見積りをとる

探偵事務所への依頼に限らずですが、高額な買い物をするときには必ず複数社に見積り(相見積り)を取るようにしましょう。
「何社ともやり取りをするのは面倒だな」と思う人もいるかもしれませんが、相見積りをしておかないと損をしてしまいます。

一社にしか見積りを取っていないと、提示された金額が高いのか安いのか判断できませんし、サービス内容が適切かどうかも分からないからです。
逆に、複数社に相見積りをしておけば、自分に最適な探偵事務所を比較して選ぶことができます。
時間は少しかかりますが、できれば3社以上に見積りを取るようにするといいと思います。

相見積をするメリット・デメリット

【メリット】
・市場の料金相場が把握できる
・複数社の料金や調査内容を比較できる
・相場から極端に安い(高い)探偵事務所を除外できる
・他社の見積金額を引き合いに出して、値下げ交渉の材料として使える
・探偵選びに失敗する可能性が低くなる

【デメリット】
・見積りを取るのに時間がかかる
・契約をしない探偵事務所にお断りの連絡をするのが面倒
・複数の選択肢があると逆に迷って決められなくなる

大手の探偵事務所に依頼する

大手の探偵事務所は営業年数が長く、浮気調査の実績数が多いので安心感があります。
また、メンタルケアのためにカウンセリングの資格を持った担当者が対応してくれたり、浮気調査専門の担当スタッフを配置できるのも大手ならではの魅力といえます。

とはいえ、大手といえども依頼者によって合う合わないはありますので、必ず複数社と面談をするようにしましょう。

まとめ

探偵事務所の多くは依頼者に寄り添った営業をしていますが、ごく一部には悪質な業者がいるのも事実です。
契約や解約、調査に関する相談は毎年のように消費者センターに寄せられており、トラブルは後を絶ちません。

今回紹介したチェックポイントを利用することで、悪質な業者を可能な限り除外して、自分に合った良い業者を選ぶことができるはずです。

おさらいで全16項目をまとめておきますので、参考にしてみてください。

探偵事務所を探すときに気をつけるポイント
  • ホームページに探偵業届出番号が記載されているか?
  • 誇大広告を謳っていないか?
  • 行政処分を受けていないか?
  • 店舗や事務所は実在しているか?
  • 自宅からの距離は適切か?
  • 面談を無料でしてくれるか?
  • 料金体系が分かりやすく説明されているか?
面談のときに気をつけるポイント
  • 事務所に探偵業届出証明書が掲示されているか?
  • 料金や調査内容についての説明は丁寧か?
  • 調査報告書のサンプルを見せてもらえるか?
  • 質問に対して明確な答えが返ってくるか?
  • 注意事項やデメリットの説明を隠さずにしてくれるか?
  • とにかく契約を迫ってこないか?
  • 担当者とフィーリングが合うか?
【追記】探偵選びで失敗しないためのコツ
  • 複数の事務所に見積もりをとる
  • 大手の事務所を選ぶ

探偵費用は決して安くはありませんので、しっかり検討したうえで判断してください。
それでは、みなさんの浮気のお悩みがスッキリ解決することを心から祈っています!